FC2ブログ
国連NGO WFWP大阪です。
WFWP大阪から、4名が中東女性会議に参加されました。レポートを寄稿頂きました。


第17回中東女性会議に参加して

 グローバルな女性平和ネットワーク、「世界平和女性連合」(WFWP)主催の第17回中東女性会議の年次総会が5月15日から18日までの4日間の日程でフランス・パリの「マリオット・パリ・シャルル・ド・ゴール空港ホテル」で開かれました。

Marriott CDG

今回の会議には北アフリカ.中東諸国から21カ国、40人の中東政治家、非政府機関(NGO)関係者、教育専門家達が参加し、活発な意見の交換が行われました。メインテーマは「女性、文化と価値、中東地域で恒久平和を築くため」でした。

 私達日本女性38名は、「花のパリ」の観光をかねて、オブザーバーとして参加しました。パリのマロニエ並木は、日本で言えば春を告げる桜並木のようなものでしょうか?実に美しくパリを演出していました。フランスの人口は、6300万人なのに、年間パリを訪れる観光客は8000万人と聞いて、その揺るぎのない、世界のパリに対する人気を見せ付けられました。ドラマチックなフランスの歴史は、ベルサイユ宮殿や、  エッフェル塔や、凱旋門などのガイドの説明から、うかがい知れ、世界に名だたるあふれるばかりの名画や彫刻を堪能しました。

パリ観光

 会議には、開会式に参加し、同時通訳で様子を伺えました。
文 蘭英WFWP世界会長が最初の挨拶をされました。会長はパリに向かう前日、韓国政府より南北統一に功績があったとした「国民褒章」を得たばかりでした。文会長は、昨年、播基文・国連事務総長と会見した話を紹介し
「国連事務総長は、世界の意思決定機関の3割は女性指導者によって占められることを願っている」と強調し、
「WFWPの活動を高く評価していた。」と報告されました。

 次にオスマン共同議長(エジプト元副議長)が「平和文化の創設」の重要性を指摘。「平和文化とは暴力にもとずく文化への真正面からの戦いです。もちろん、そのためには男女間の平和が求められます。」「女性が平和文化の構築者となるためには、その能力と権限を強化しなければなりません。」と呼びかけました。
 ソニア・ラムツ博士(ユネスコ元局長)やパレスチナ自治区のベツレヘム市長、ベア・バボン女史、元日本大使を4年間務め、現在エジプト議会議員のメーバット・タラウイ女史などの、分科会におけるスピーチがなされました。
 イスラエルの元副司法長官だった、ジュディス・カープ女史、教育専門家のトルコ出身のハヤル・コカサル博士他、クエートの博士、国連難民事業機関に勤務する博士や、モロッコの博士他そうそうたる方の参加の元に活発な討議がなされました。

会議室の様子


緊張する場面もありましたが、17年間続けてきた平和のための会議は、その参加者を家族にしていました。参加するメンバーは変わっても、さよならパーテイの時間になると別れがたく、踊り歌い、抱擁し合い再開を誓い合いました。
 1ミリでも前に進み、かつて実現しなかった、平和への祈りが、必ず成し遂げられると言う確信になりました。
 帰りは、陸地4時間のバスでベルギーまで足を伸ばし、歌を歌い、「旅は道連れ、世は情け」の通り、参加者38名で心通わせ、旅の中でしか味会えない人との関係を深めてまいりました。  
 (報告 高橋 栄子)



参照 WFWPホームページ-->「平和のネットーワーク作り」 

【2013/06/18 14:03】 | インターナショナル
|
ふれあい商店街

日和山を下りて、石ノ森萬画館のそばで乗馬を体験してから
(JRAのイベントで乗馬体験をしていました

「石巻立町復興ふれあい商店街」に行きました。

ふれあい商店街のぼり

商店街は被災から再建して元の場所に立っているお店もありましたが、こちらはこのようにプレハブを並べて「商店街」となっていました。
このような復興市場が何か所か出来ているのをニュースで見ていたので、ぜひ連れて行ってくださいとお願いしていました。
海産物店などを回り、地元の品を沢山お土産に買いました!

がんばろう石巻の場所

その後、海側を通ってきました。
このツアーでは毎回行っている「がんばろう石巻」の看板がある場所です。日和山のふもとから海岸までの地、
全部流されて、そこに住宅があって建物があった跡(コンクリート土台の跡など)が残っています。
遠くには市民病院の白い建物が残っているのが見えます。その向こうは海です。

こいのぼりが沢山ある中に、立っているポール(津波が到来した6.9mの表示がある)を見て、当時を想像しました。

「6.9mの強い波が襲ってきた時は、子供達は、人はどんなに恐ろしかっただろうかと考えると、とても言葉にできない思いでした。」 (参加したイランからの留学生さんの感想)


その後「くるみゆべし」の有名店(ふしみ屋)に連れて行って頂き、お土産を買い
「道の駅 上品の郷」で休憩してから帰路につきました。

帰りも道はすいていて大阪に12時間後・朝八時に到着、解散しました。
仮設住宅の皆様、宮城第3連合会の皆様、支援品その他ご協力いただいた、そして参加者の皆様、本当にありがとうございました。

「愛の福袋」WFWP大阪ボランティアバスツアーは 
また伺います!!

(大阪第2連合会)

【2013/06/07 13:32】 | ボランティア
|
皆様お待たせしました、恒例の行事のお知らせです。

第22回 「海外支援と留学生の為の
チャリティーフェスティバル」


2013年9月10日(火) Am 11:00~Pm 3:00

千里阪急ホテル 2Fにて
(地下鉄御堂筋線「千里中央」駅 南出口)

バザー、海外支援のお店、エンターテイメントなど
お楽しみに!!

主催/チャリティーフェスティバル実行委員会
お問い合わせ/ 06-6767-9992

【2013/06/07 13:02】 | チャリティー
|
仮設住宅訪問1

今回は、集会所で「愛の福袋」をお渡しするということになり、
朝8時半に到着して荷物をおろしてから
一軒一軒「11時からのイベントにお越しください」
と仮設住宅を訪問しました。
住民の方と少しお話する時間もあり、生活の様子や今の状況などをお伺いすることもありました。


イベントでは留学生の歌や若いメンバーの歌、フラダンス、民謡などでお楽しみ頂きました。会場には200名が来場され満員状態でした。

フラダンスを前に出て一緒に踊られる方もいらしたり、「もっと歌って」と要望もあったりで少しでも喜んで頂いて幸いでした。
イベント終了後、お帰りの際に一人一人に「愛の福袋」をお渡ししました。



昼食は宮城第3連合会と仮設住宅にお住いの10名の方々とご一緒に、交流させて頂きました。
一人一人お話を伺いました、
被災された体験を、2年を過ぎてもお話するのはとても話し難いことだったと思います。
でも準備して待っていて下さった方の“皆さんの地元に帰って伝えて欲しい”とのお気持ちも伺い、訪問した私達は帰って被災地の皆さんの現状を伝えないといけないと感じました。


日和山から

WFWP宮城第3連合会の方々に案内して頂き、日和山へ。海側を見渡せる小さな山です。
もともと観光地で、「石巻城跡」など歴史的な碑がありました。

海側を見渡すと、昨年は「がれき置き場」が目立っていました(被災地のがれき問題で、よくテレビで決まって中継される場所でした、、、写真の青く囲まれた部分)が、すっかりきれいになっていました。

日和山から川側

写真は日和山から海でない側、「石ノ森萬画館」の白い建物が見えます。被災したものの今は開館しているそうです。

続きます

【2013/06/06 11:35】 | ボランティア
|
仮設住宅訪問2

5/24~26 WFWP大阪「愛の福袋」
ボランティアバスツアー


宮城県石巻市の仮設住宅を訪問してきました。

5/24(金)大阪と近畿各地含む各方面からの支援品「愛の福袋」
を積んで、夜八時半に大阪事務局前よりバスで出発、
今回は17名が参加しました。

留学生・学生・若いメンバー・ベテランの皆様、と様々な参加者は
バス車中泊にて、12時間かけて現地に到着しました。

仮設住宅の集会所では、現地のWFWP宮城第3連合会と住宅の役員さん皆様のご協力により、「11時からイベントをします」とお知らせしていたのですが
予想を超える200名以上の大勢がいらして下さいました。
(写真:開始前の集会所の様子。)



続きます

【2013/06/03 23:48】 | ボランティア
|